三連複の軸ー相手1のキモと応用

こんばんは、郷です。三連複の軸ー相手1はどのように応用できるか?

たしかに、三連複の軸ー相手1の成功率が高く、相手2を的中させると三連複的中となる。

では、もっと深く見ると、軸馬は意外と2着、3着が多いという現象がおこる。たとえ単勝1.5以下であっても。

また、コンピ指数で本命判定でない場合、本日だと新潟1R 軸が3着で3連単281270円相手1→相手2→軸、相手1→軸→相手2という買い方のモデルが考えられるということです。

もっとも、本命傾向でないと判定された場合は三連複でもよい配当の確率が高く、買い目点数も少なくすることができる。

競馬予想システムZ7777⑦での点と点

こんにちは、郷です。競馬予想システムで午前中のオッズ分析、直前18分前までのオッズ分析をアップします。午前中のオッズ分析での超重要馬は人気薄馬で10・12・6、発走15分前までのオッズ分析では12が抽出されています。結果は12号馬が2着。競馬予想システムZ7777⑦の運用の仕方によって、よりすばらしい結果が期待できると考えています。

競馬予想の面と線と点

競馬予想システムZ7777⑦は、面にあたる裏画面、線と点にあたる総合分析画面で構成されています。

特に重要なのが、総合分析画面の赤の囲み部分の歪軸候補、断層歪軸候補が線

超重要馬が点に相当します。

あらゆるオッズの変動や断層の時系列分析した結果が面・線・点へと収束する。

オッズという馬券購入者の英知を一枚のシートに集約する。では、裏画面と分析メイン画面

では、7.5(日)阪神11RCBC賞をアップします。

真実はやはりお金の流れに現れる

こんばんは、郷です。久しぶりの書き込みです。

競馬は、ギャンブルという定義される方がほとんどですね。さて、馬券を買うにはお金が必要であり、大金を投入する場合は確実な根拠ががあるのではないか?!と考えることもできます。その形跡はオッズに現れます。

また、馬の調子の流れや成長の流れは、着順と人気の相関を調べれば分かります。

最近の書き込みを見ていただければ、感じていただけると思いますが、高配当を高確率で少ない点数でとるという結果で証明が進んでいます。

理詰めで自動的に表記できるし、その作業を繰り返していると、不思議な直観が研ぎ澄まされ、単勝100倍前後の馬1頭をセレクトし1着ということも起こります。

分析のみでも十分な結果を得ることもできるし、なぜか直観力も必然的に高まるという副次効果、不思議な感覚も生まれます。

一緒に、読者の皆さんとともに一見不思議で必然的な結果を享受しますか。