競馬=投資=複勝

こんばんは、郷です。世の中が不安定な中にあっても幸いに競馬は毎週開催されています。あらゆる投資と言われているものも不安定な情勢にあります。

弱肉強食の競馬を投資に変えるマジック

複勝投資にその答えがある。今後、証明する時期が到来しました。読者のみなさんの健闘を祈りつつ。

オッズ分析の構造

パソコンを使いこなすという点では、私は素人と認識しています。パソコンを始めたのは35歳以降です。

エクセルを覚えるためのアイテムとして始めたオッズ分析。そのオッズ分析は、奥が深くはまってしまいました。副次効果として、仕事への応用力が増す等有効なことが多かったように思います。

また、オッズには騙しも多く、世の中の騙しにも気づくことも多くなったように思います。

物事の本質を考える力を養う訓練としても有効であると考えています。パソコンは独学なため素人ですが、最近過去に作ったマクロをつなげることに気づきソフトのレベルが大きくアップした次第です。

Call マクロA 

こんな感じです。競馬予想システムZ7777⑦ Ver7のマクロの構造は以下のシンプルなものです。

オッズ分析の集大成

こんにちは、郷です。このブログでは、オッズ分析をはじめ指数分析等紹介してきました。オッズ分析には、様々な技法が存在しますが、やっとというか?ついにというか?私が開発したオッズ分析技法の80%以上を網羅したシステムが出来上がりました。単勝・ワイド・馬連・三連複・3連単すべてに対応が可能になったと考えています。とりあえず1つのシステムが使用可能になった感じです。

関係者は勝馬が分っている?!

断層分析と時系列分析を併用すると、時間帯と馬券種で6回の分析を行うと人気薄で一着になる馬等、必ず複数回のオッズの変動の痕跡が残る。

その痕跡を見つける技法が完成の域に入ったように思う。一番重要なのが赤のラインの超重要馬になります。発走直前まで分析する重要性を再認識した次第です。

KOUさんのご質問に応えて

こんにちは、郷です。KOUさんのご質問について1つの応えです。まず、信用に値する公開されている指数はコンピ指数になると考えています。

その指数と当日のオッズとの比較、これは一般に研究されていますよね。次に考えるのは自分で指数を作ることですね。私は過去3走の人気と着順から指数を作成したり。分析表を下にアップしますが、各オッズの時系列分析にてY=aX+Bに変換します。その一次関数との乖離を観ることは、馬券攻略の大きな武器になります。分析する項目は先にアップしましたように6項目でそれぞれ固有の一次関数で表すことができます。独自指数とコンピ指数との対比もよい結果が出ると考えています。