三連複の買い方の一考察

こんばんは、郷です。三連複は軸1-相手1-相手2というフォーメーション。また、軸1が1頭に絞ることができれば、小点数で買い目をつくることができます。最近軸1-相手1をアップしていましたね。軸1の1頭の複勝率は90%以上。よって、このように三連複が的中可能になります。三連複の配当9550円 コストパフォーマンスがよいですね。

馬連4点勝負について

こんばんは、郷です。馬連4点勝負2連敗。軸の2頭とも3着でその時点で馬連不的中。長期的には、予定通り的中率60% 回収率120%に収束するとみます。

次は、高配当をコンスタントにとる技術に進みたいと思います。今までの手法は発走15分前まで分析する方法でしたが、複勝を中心にしたオッズ分析だと日曜日の場合10時30分までのオッズ分析で的中可能であることが分かってきました。

高配当の中山5R、8Rをアップします。青い棒グラフで一番長い部分の前後の4頭が人気薄の連帯可能性大馬になります。事前情報としては、ワンランク大きい情報になるかもしれません。