出馬表解析について、追記

こんにちは、郷です。

 

 先日、出馬表解析にて単勝2点買いで高的中率&高回収率の可能性について、シュミレーションの結果をもとに記載しました。

 では、その2頭の馬でワイド1点買いをしたら、

30R中12R的中で的中率40%

回収金額は6010円(1点100円で購入で)回収率200.3%

になります。

 

なぜ、このような結果になるのか?!

 

ここからが大切!

ワイドを買う場合の心理を考えると

ワイドは馬連の延長として、買う。

よって、上位人気からの流しで馬連不的中時の保険的買い方

になりやすい。

また、1点買いをする方は全体の中で少数派かもしれない。

よって、ワイド1点買いは優秀な結果を生む買い方になる可能性が高い。

 

では、何故可能性という表現をしたか?

その前提として、1頭は見つけやすいがもう一頭の期待値の高い馬の選出

・・・これが、難しい面があるからです。

 

ここに、出馬表解析の奥義が活きてくる訳です。

 

今まで、馬連やワイドの穴予想をアップしてきましたが、

遥かに優れた馬の抽出法が存在し、

もっとレベルが高い穴馬選定法が存在している。

 

その技法は、本や他のサイト・ソフトを参考にしていないため、

ある意味優位性があると考えております。

 

的中率に言及した書込みがありましたので、

参考にしていただければ、嬉しく思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です