“分り易くて、効率的馬券” への3件の返信

  1. 郷さんこんばんは

    12号馬と1号馬の2頭が両方絡まない馬券構築になっているのは先ほど解説していただいた通り4号馬、5号馬あたりの断層の強さが要因でしょうか?

    このレースだけで見るなら回収率1200%、驚異的です

  2. レッドさん、こんばんは。

    函館8R,11R
    東京10R,11R
    4分の分析表をアップしますので、ご確認ください。

    赤○の1つ下が馬券範囲となります。
    波乱傾向のレースなら、2着まで
    比較的安定したレースなら3着まで
    あります。

  3. この結果といい、このシンプルな表といい
    もう、凄いとしか表現の仕様がないです。
      
     「本物の人程、目立たず、ほぼ「表」には出てこない」
    という 世の中の原理・原則ですが、
     私にとって、郷さんもその一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です