波乱の中山記念 オッズ分析

こんばんは、郷です。

今日は精神論ではなく、オッズ分析の奥義
をアップしますね。
分析表の赤とオレンジの○で囲んだ所
が最も重要な部分です。
この表は、ワンクリックで生成される表及び
グラフです。
分析に使用しているのは、単勝と複勝のみです。

直前までの分析では、形になっております。
11時くらいまでに、精度の高い分析ができるよう
研究を進めております。
下の分析表のように、十分戦えるものには
なってきておりますよ。

2017年2月26日(日)Wings V Super 中山11R 中山記念.png 直

2017年2月26日(日)Wings V Super 中山11R 中山記念2.jpg 直

“波乱の中山記念 オッズ分析” への5件の返信

  1. こんばんは、郷さん。 K-D-Kです。
    「分析に使用しているのは、単勝と複勝のみ」で
    それでこのような凄さとは・・・・

     直前(分析)で満足されるのではなく、
    「11時くらいまでに、精度の高い分析ができるよう研究」
    どの分野でも極めていくと「余計な物(要因)」が
    削られて行き、「シンプルなもの」になって行くのですね。
     郷さん、我々読者にヒントを提供していただき
    ありがとうございます。

  2. K-D-Kさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    オッズ分析をシンプルにすると、
    3本の棒グラフで表すことができます。
    単勝・複勝は比較的早い時間帯で
    分析が可能であるという利点がある。
    100の法則の内1つくらいが使える法則
    でしょう。
    ここまで来ましたので、極めるしかありませんね。)^o^(
    指数分析、出馬表解析も最後の詰めがありますしね。

  3. こんばんは、郷さん。 K-D-Kです。
    ご返答いただきありがとうございます。
     今回は単勝・複勝のみで馬連の順番なども
    含まれていないでの分析なのでしょうか?
    「指数分析、出馬表解析も最後の詰めがあります」
    まだまだ構想があるなんて、
     郷さんは一体どうしてアイデアが浮かぶのでしょうか?
    競馬雑誌・本を参考にするのでしょうか?
    それとも郷さんのオリジナルなのでしょうか?
    私は、不思議でなりません。

  4. こんばんは、K-D-Kさん。
    郷です。
    手法は、本やセミナー等で学んだものではなく、
    閃いたものをかたちにしたものです。
    しかし、100%オリジナルなものは存在しないと
    考えています。
    それは、どこかで見聞きしたものが、記憶の断片となり
    無意識の領域で再合成された結果であると考えられる
    からです。
    子供は、お金をかけずに楽しいことを作り出す天才ですね。
    無邪気に考えると自然とアイデアは生まれてくるように
    思います。
    ある意味、私は子供のようなところがあるのかもしれません。

    それから、分析表は馬連の人気の順番等も使っておりません。
    午前中のオッズのみで考える場合は、馬連オッズはむしろ
    不協和音となるからです。

  5.  こんばんは、郷さん。K-D-Kです。
    再度、ご返答いただきありがとうございます。
    「手法は、本やセミナー等で学んだものではなく、
    閃いたものをかたちにしたもの」
    「100%オリジナルなものは存在しない、
    無意識の領域で再合成された結果」
     現在の世の中の分野で本当のオリジナルなど
    ないのかもしれないですね。
     それにしても、「単・複のみ」で
    この様な分析表が出来るなんて信じられない出来事です
    (もちろん信じていますが)
    郷さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です