法則と思考

こんばんは、郷です。

競馬の醍醐味は、高配当を次々と的中させること。
”中には、馬券で飯を食う”
という夢を持っている方もみえると思う。

しかし、馬券は当てようとすると逃げていく。
考えれば考えるほど的中しなくなる。

では、法則は的中し、考えた買い目は的中しないのか?

以前、どこかで聞いた言葉
”煩悩が強い馬券は的中しない”

馬券をとるという行為は世界の縮図(資本主義というお金の取り合い)
である。
ギャンブルというカテゴリーに入る競馬だが、
資本主義というルールよりまだ公平感があると考える。

インサイダーは存在すると考えるが、
それを利用するオッズ競馬
その他、様々な手法を自由に開発できるからである。

競馬において、子供のような心で夢を実現するのも
楽しくてよいと思う。

“法則と思考” への2件の返信

  1. こんばんは、郷さん。 K-D-Kです。
    「馬券は当てようとすると逃げていく」
    本当にそうですね。
    アンカツ氏が「勝とうと思うことが一番馬に良くない」
    とよく言っていますが、それと同じ事ですね。
    これも普遍的法則です。
     
     郷さんが以前おっしゃっていた
    「正解は少数派が握っている」と同じ様に・・・・

  2. こんばんは、K-D-Kさん。
    競馬の番組は基本的に荒れやすいように
    できているようですね。
    少し待つ勇気と余裕があれば、
    炙り出された穴馬は激走し、
    必然的に的中となるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です