法則と思考

こんばんは、郷です。

競馬の醍醐味は、高配当を次々と的中させること。
”中には、馬券で飯を食う”
という夢を持っている方もみえると思う。

しかし、馬券は当てようとすると逃げていく。
考えれば考えるほど的中しなくなる。

では、法則は的中し、考えた買い目は的中しないのか?

以前、どこかで聞いた言葉
”煩悩が強い馬券は的中しない”

馬券をとるという行為は世界の縮図(資本主義というお金の取り合い)
である。
ギャンブルというカテゴリーに入る競馬だが、
資本主義というルールよりまだ公平感があると考える。

インサイダーは存在すると考えるが、
それを利用するオッズ競馬
その他、様々な手法を自由に開発できるからである。

競馬において、子供のような心で夢を実現するのも
楽しくてよいと思う。

大穴をとる極意

こんばんは、郷です。
今週土日は久しぶりに馬券を購入。

日曜日は、9Rから参戦。
馬連12点または16点で万馬券を3つゲット。
的中画像+解説という形が分り易いと考えますが、
的中自慢との批判もありますので、
一番配当がついた中山10R
オッズの分析画像のみアップします。

2017.1.22(日)中山10R.png 直
2017.1.22(日)中山10R.jpg 直

これが、オッズ分析の神髄

こんばんは、郷です。

先日は、少し意味不明のことを書いてしまいました。
今晩は、最近私が書込みしているオッズ分析の姿を
アップします。

オッズの断層と歪みを時系列分析をすると
自動的に導かれる馬番です。

時間ができたら、少しずつ証明していきましょう。

Wings V super 2017.jpg 直

人格を磨くことと、馬券的中のための努力

こんばんは、郷です。

馬券を極めるためには、何が必要だろうか。

人格を磨くことかもしれない。
   ・
   ・
   ・

何故か?
読者の皆さんも、私も
学校では試験結果で人を判断されませんでしたか?

その結果
物事を比較したり、多くの意見の中に答えがあるような
教育をされてきたわけですね。

では、世の中正解は多数決で得られますか?

馬券の収支において、勝ち組と言われている人は
少数派である。

オッズをもとに、的中馬券を探る作業において
手法は年々複雑化している。
はたして、高度な分析において馬券は攻略できていますか?
オッズ分析において、単勝や複勝、馬連においても同じ法則が存在している。

大切な点は、まずは1つの馬券種を解析すること。
比較することなく、
単勝を見つめる。
複勝を見つめる。
馬連を見つめる。

それぞれの長所を理解する。
その結果、重要なエッセンスが抽出される。

普通見つけることができない穴馬を見つける作業
ちゃんと、正しく馬の評価をすることである。

”人格を磨くことと馬券的中は比例するか”
 の回答である。

私が発見した最も普遍的な法則

こんばんは、郷です。

数十年の無数の試行錯誤を繰り返した結果、
分ったことは、本物の法則はとてもシンプルで
あること。

オッズ分析で行き着いた法則!
穴馬は3つの赤ライン上に何故か非常に
高確率に、吸い寄せられるように集まる。
この赤ラインは、そのレース毎に必ず現れる。
たとえ15番人気でも、軸馬となるわけである。

このような、高配当レース(三連複62170円)
も簡単に的中できる感覚は感じていただけると思う。
14号馬の複勝2850円魅力的でしょ!

左の赤ラインが穴馬3頭.jpg 直

オッズで一番大切な要素

こんばんは、郷です。

オッズ分析で一番大切な要素。
それは、オッズの断層であると考えています。
そらから、馬券対象の範囲を確定するための
時系列分析。
もう一点大切な点は単勝・複勝・馬連で
分析するための大切な時間帯があること。

単複は午前中のある時間帯
馬連は、直前までの分析が有効となる。
個々のオッズではなく、断層の時系列分析が、
普遍的な法則であることは、今も昔も
変わっていない。
このことは、オッズを深く研究している方
は共感し、書かないでほしいと思うでしょう。

あけましておめでとうございます。

あけまして、おめでとうございます。
読者の皆さんお久しぶりです。

正月休みを利用し、久しぶりに競馬研究を
深めることができました。
私は、オッズ分析を始め出馬表解析、指数分析等
様々なシステムを開発しております。

その中でオッズ分析の普遍的な法則の追及を
深めることができましたよ〜
より簡略し精度を高める!
単勝と複勝の分析だけで・・・

驚異的なオッズの秘密
皆さんと共有できることを楽しみに
しております。