強力な法則をシステム化したら

こんばんは、郷です。

様々な理論を構築してきた。
ストッパー断層理論、オッズの歪み理論、出馬表解析理論が代表的なものである。
その他コンピ指数、データマイニング、朝一オッズによる波乱度解析等もある。
この代表的な理論をシステム化する段階にきたようだ。
点と線がつながり、立体的な姿が現れることになる。
来年4月を目途にまとめ上げよう。
スリリングな結果が見えている。

各場12Rオッズでどう解くか。

夜のオッズグラフをお見せする前に、少しお話しますね。
オッズで競馬を解くには、大別して4つの方法があると考えている。
オッズの断層分析・バランス分析・時系列分析、そしてオッズの歪み分析である。
一番強力な手法?!
それは、歪み分析?!
お時間がある方はご覧ください。

話してはいけない?!

こんにちは、郷です。
KDKさん、その通りです。
出馬表解析とは、出馬表の時系列分析です。
しかも、デジタルに解析すると?
軸馬は
10.12(日)
東京11R 毎日王冠      2.12
京都11R オパールステークス 3.4

東京11R  2号馬エアソミュール単勝13.1倍 1着
京都11R  3号馬ヘニーハウンド単勝94.8倍 1着

ありえないと思うでしょ?

実は当たり前の中に大切なエッセンスが存在する

こんばんは、郷です。
今日は、出馬表解析について大切な話をしますよ。
出馬表解析?
とんでもなく複雑なことをしていると思うでしょ?
一番大切なデータは、最もシンプルなデータです。
分かったでしょ。
着順と〇〇です。
2つの傾向を分析すると人気薄で来る馬が分かります。
勿論軸馬も導かれますよ。