中山11Rフェアリーステークス

こんばんは、郷です。
○江さん、メールありがとう。
では、フェアリーステークスについて解説します。
この解説は大サービスですので、よくご覧下さい。
まず、ご質問のオッズの歪みのグラフの最終判断の時間ですが、
発走15分前に判断しています。
できれば、10分前がよいです。
ブログに事前書き込みする場合は精度は低下しますが、発走20分前
に判断しています。
2つのグラフを添付しますので、ご覧下さい。
上がオッズの物理的な断層および時系列分析からのオッズの変動による断層
を表しています。
下はオッズのバランス変動グラフおよびオッズの歪みを表しています。
このレースをゲットする上でのポイントです。
よく、上のグラフを見てください。
単勝と馬連の物理的断層をご覧下さい。
単勝と馬連のオッズの断層が重なった位置は、6・9・14番人気ですね。
つまり、6か9か14番人気3箇所のうちどこがストッパー断層か判断が必要になります。
次に上のグラフで変動の黄色い線をご覧下さい。
10番人気の6号馬のところに大きな断層があります。
しかし、9番人気の位置とは1つずれています。
また、11番人気以降ほぼ平行な線になっています。
一般的には、黄色のグラフは下位人気になるほど、数値は大きくなると考えてください。
ということは、10番人気以降の馬に注意が必要となる。
次は下のグラフを見てください。
オッズの歪みは2・5・9・13人気にあります。
そこで、歪みの大きいところは、5番人気と13番人気です。
9番人気にも歪みはありますが、数値的に弱い。
総合的に見ると、8.11.4と12.3.5に注意が必要となる。
素直に買うと
馬連8.11.4-12.3.5の9点
三連複8.11.4-8.11.4-12.3.5の9点になる。

馬連  5-8  33120円
三連複 4-5-8 61660円
ゲットできますね!

では、実際の買い目は8.9-12.3.5の6点買いにした理由は?
と聞かれると思います。
朝1に出した軸は9と13でしたよね。
朝1の軸は流れが平常の時は軸率は80%〜100%と非常に高確率です。
しかし、軸馬作成しその後のレース展開から違う判断が必要なことが分かります。
そこで、馬の客観的な実力とオッズを比較し売れている9と8を軸にしました。
それから、重要な点ですが8号馬の騎手は津村騎手でしたが、騎手を見て軸馬から
外さないように。決まったルールを作ったら、そのデータを信じることが肝心です。
一番シンプルに買い目を出したい場合は下のグラフのみで大穴馬5は簡単に選出できる。
どうでしょうか!!

1.9(月)中山11R フェアリーステークス.JPG 直

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です